人が1日に食べている空気は○○kg!

わたしたちの空気環境

こんにちは!少しずつ暖かい日も増えてきて、冬の終わりが近づいています。

春になると、花粉症に悩む人が多くなりますが、果たしてそれは本当に花粉だけが原因なのでしょうか?

身の回りに溢れる社会毒

昔は花粉症なんてなかったと言います。しかし近年では非常に多くの人が花粉症に悩まされています。その要因の一つと考えられているのが、「社会毒」という環境汚染です。

排気ガス、放射性物質、電磁波、添加物、家庭から出る化学合成の洗剤など、社会の発展と共に、本来自然界にはなかったものが増えています。最近では、PM2.5も話題になりました。花粉の大きさが30μmに対し、PM2.5は2.5μmです。10分の1の小ささなのです。

人間は1日に、食べ物を2kg、水を2L、そして空気に関しては20kgも1日で摂取していると言います。
これらの社会毒で汚染された空気を、小さな換気扇の隙間を通して、お子様の体には絶対に蓄積させたくないですよね。

「できるだけ避ける」そして「デトックス」する

花粉やPM2.5を防ぐには、現代社会で完全に0にするのはほぼ不可能だと思います。しかし、住環境の性能を高めて、「できるだけ避ける事」。そして食事や衣類もなるべくオーガニックなものを選ぶ事で、内側からデトックスしていくことは可能です。

「未来の子どもたちのための家づくり」をするために、

大切な家族の健康を守る家を、私たちは作りたいとお思っています。

関連記事

PAGE TOP