三重県での電力小売会社を選ぶポイント

三重県で選べる電力プラン

こんにちは。齋藤です。(^ ^)
私たちは普段、「低燃費住宅は、断熱性能を高めて、冷暖房費を抑えられます!」ということを紹介していますが、電気代を抑えるには、「それぞれの家庭の過ごし方に合った電力プラン選び」も、電気代を抑えるには大事だと思ったので、今日は三重県での電力プラン選びをどのようにすれば良いかについて、調べてみました!
2016年4月の電力小売り自由化、そして2017年4月からはガス小売りも自由化になり、各会社で新しいプランが打ち出されています。少しでもご参考になればと思います(^ ^)

電力小売自由化からどのくらい変わった?

2016年4月の電力自由化から、中部地方ではおよそ3%しか、中部電力から他の小売会社に切り替えられていません。中部電力の契約件数はおよそ756万件(2015年度一般家庭等の通常契約口数。経済産業省資料参照し算出)で、2017年1月時点(電力広域的連携推進機関の資料参照)では、23.2万件がスイッチング(電力自由化による電力小売業者の切り替え)しているので、3%しか切り替えていないということになります。

中部電力

97%の方が契約継続している最大手、中部電力。電気ガス併用向けとオール電化向けそれぞれ見ていきます。

電気ガス併用住宅向けプラン

中部電力の一般家庭向けの「おとくプラン」(現行の従量プランB向け)では、カテエネに登録することでメリットが最大になります。毎月の割引が150円分、カテエネポイントも2年間で最大1980ポイントが貯まるというプラン。カテエネポイントは電気料金の支払いに当てることができるので、合計すると、今、中部電力で契約している方なら2年間で5580円安くなるプランです。またこのプランでは、TポイントやJALマイルでも支払うことができるようになります。

従来の一般家庭向けの従量電灯Bプラン

基本料金 40Aの場合 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh 20.68円/kWh
120〜300kWh 25.08円/kWh
300kWh〜 27.97円/kWh

従来の上記の電力プランを元にすると、このおとくプランは2年で5580円安いという計算です。中部エリア向けの多くの新規参入小売会社では、このプランをベースにして電力料金表を発表しています。
この記事では、基本料金は40Aの場合、月の電力量を400kWhの家庭の場合で比較してみたいと思います。

中部電力のオール電化住宅向けプラン

オール電化住宅向けのプランについて見ていきます。新規加入できるプランでは、スマートライフプランです。

基本料金 1460円(10kVA(※)まで。超えた分は、1kVAにつき280.8円)
電力量料金 デイタイム(10時〜17時):38円
ホームタイム(8時〜10時、17時〜22時):28円
ナイトタイム(22時〜8時):16円

※ kVA(キロボルトアンペア)とは、一度に流せる電気の量です。10kVAだと、家電製品が同時に10,000W分使えるということになります。一般的な家庭では十分な容量かと思います。容量がかかりやすい電子レンジ、ドライヤー、IHクッキングヒーター等のkw数を確認してみてください。

基本料金に加え、あとはどの時間帯プランにするかですね。通常ですと、22時〜8時が安い深夜料金になりますが、23時〜9時の朝とくプラン、21時〜7時の夜とくプランも選べます。

ガス会社系の電力プラン

次にガス会社系です。新規参入の大手、ガス会社のプランはどうでしょうか。

都市ガス系:東邦ガス

三重では東邦ガスで契約されている方も多いかと思います。東邦ガスで電気とガスをまとめて支払えるプランもあります。家庭向けのファミリープランでは、月間の使用量が多いほど割引額が大きくなります。

東邦ガスファミリープラン 中部電力従来プランB
基本料金 40A以下の場合 919.2円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh 20.67円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜200kWh 25.03円/kWh 25.08円/kWh
200kWh〜250kWh 25.05円/kWh 25.08円/kWh
250kWh〜300kWh 25.07円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜350kWh 25.98円/kWh  27.97円/kWh
 350kWh〜400kWh  26.50円/kWh  27.97円/kWh

まず基本料金がお得です。この金額からエネファーム割引か、ガス温水床暖房割引のいずれかを受けることができますので、基本料金で毎月100円以上のお得になります。使用量料金は、300kWhまではほとんど同じですが、300kWh以上から、割安感が大きくなりますね。東邦ガスの電力量料金は400kWh以降も、合計10段階に分かれています。
40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、基本料金で204円、使用料金で180.2円、合計で384.2円/月安くなります。特に、月々の使用量が300kWh以上のご家庭にはお得だと思います。また、公式HPで料金シミュレーションができるようになっています。

LPガス系:ミツウロコグリーンエネルギー

次に、基本料金は中部電力と変わらずですが、従量料金がお得なプラン。120〜300kWh、300kWh〜が安いですね!

 ミツウロコグリーンエネルギー 中部電力従来プランB
基本料金 40A  1123.2円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  22.68円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  22.97円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜  25.52円/kWh   27.97円/kWh

40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、1月当たり384.8円お得です。このプランでは、使用量が多いほどお得です。500kWh使用なら、629.8円お得になります。

LPガス系:エネワンでんき

こちらも、300kWh以上で、多く使う方がお得です。基本使用量が月に43.2円安く、従量料金も300kWhが特に安い!

 エネワンBプラン 中部電力従来プランB
基本料金 40A  1080円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  20.68円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  23.58円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜  24.89円/kWh   27.97円/kWh

従量料金は、40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、578円お得です。こちらも、より使用量が多くなるほど、お得感は増します(三重県は一部地域除く)。

その他サービス系会社など

HTBエナジー

中部電力の旧従量電灯Bプランの5%引きになります。基本料金も、従量料金も両方です。

 中部しゃちほこプランB5 中部電力従来プランB
基本料金 40A  1067.04円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  19.65円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  23.83円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜  27.97円/kWh   27.97円/kWh

40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、基本料金が月に56.16円、従量料金が月に487.6円、合計で1ヶ月あたり543.76円お得という計算になります。もちろん、月によって使用量が変わるので、割引率も変わります。一概には言えませんが、おおよそこのくらいの割引だと思います。一律で5%引きなので、全体的にどんなご家庭にもお得感はあります5人以上の家族のご家庭など、よりたくさん電気を使用するご家庭にはよりメリットがあります。

auでんき

auスマホやau光をお使いの方は、auでんきセット割引が適用されます。料金は従来の料金と変わらず、使用量に応じて、au WALLET プリペイドカードへキャッシュバックされます。

 でんきMプラン(中部) 中部電力従来プランB
基本料金 40A  1123.2円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  20.67円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  25.07円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜  27.96円/kWh 27.97円/kWh

月々の電気料金が5000円未満なら1%、5000〜8000円なら3%、8000円以上なら5%のキャッシュバックが受け取れます。同じように、40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、月々9793円なので、5%キャッシュバックで、490円のキャッシュバックが受け取れます。このプランも、使用量が多いほどお得なだけでなく、auスマホなど3回線以上ご利用なら3000円キャッシュバック、専用アプリをダウンロードして2000円相当のポイント、さらにau WALLETクレジット新規入会で10,000円相当のポイントなど、auユーザーにとってはポイントを貯めるチャンスがたくさんあります。

基本料金0円プラン

looop電気

looop電気では基本料金が0円。同じように、40A、電力量が400kWhの家庭を例にすると、中部エリアでは従量料金が26円/kWhなので、月々10,400円。400kWhほど使うご家庭ならあまりお得とは言えないですね。基本料金がないので、夫婦2人や、1人暮らしなど、使用料金がより少ないほどお得なプランだと思います。

中部電力従来プランB
基本料金 40A  0円 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  26円/kWh 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  26円/kWh 25.08円/kWh
300kWh〜  26円/kWh   27.97円/kWh

スマ電

スマ電とは、スーパーマーケットで買える新しい電力です。「しっかりスマ得ホームプラン」は、平日昼間でも家族の誰かがいる家庭向け。「ぎっちり夜得ホームプラン」は基本料金がありません。そして時間帯料金があります。平日昼間(8:00〜22:00)は使用量が15kWh〜300kWhまでは27.6円、300kWh〜は29.1円と、高めの設定ですが、平日夜間と、休日の終日がずっと25.12円の固定です。平日は夫婦共働きで、夜と朝しか家にいないというご家庭にはお得なプランだと思います。

 しっかり!スマ得ホームプラン  ぎっしり!夜得ホームプラン 中部電力従来プランB
基本料金 40A  823.3円/月  0円/月 1123.2円/月
電力量料金 〜120kWh  20.60円/kWh  27.6円/kWh(夜間・休日25.12円) 20.68円/kWh
120kWh〜300kWh  24.70円/kWh  27.6円/kWh(夜間・休日25.12円) 25.08円/kWh
300kWh〜  26.30円/kWh  29.1円/kWh(夜間・休日25.12円   27.97円/kWh

まとめ

従来の電力会社からのスイッチングは、年々増えてきています。自由化も徐々に広がり始めているようです。中部エリアでも、これからさらに新電力が広まっていくのではないでしょうか。

すでに、携帯電話会社、スーパーマーケットまでもが参入している電力小売り業界。こ子で紹介した会社以外にももっとたくさんの参入企業はあります。金額だけでなく、ポイントカードや、支払いの一括化をするという利便性など、選ぶ基準も色々ありますね。

それぞれのご家庭の電力使用量や、電力使用時間帯などを見極めて、よりお得に電気を選びたいですね!

そして、低燃費住宅ではそもそも必要となる電気量を減らすために、冬は魔法瓶のように暖かさが続き、夏はクーラーボックスのように涼しさが続くような設計・断熱性能の住宅です。

そんな家があるの?と疑問に思った方は、ぜひ一度宿泊体験をしてみてください。こちらのページからご案内をしております。

快適でお得な家づくりのご相談は、お気軽にお問い合わせください(^ ^)

関連記事

PAGE TOP