三重県でパッシブハウスを建てるなら

三重県のパッシブハウス

こんにちは。齋藤です。皆さんはパッシブハウスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

実は、低燃費住宅を三重県で一番初めに建てられたお施主様は、「パッシブハウス」を調べていたことが低燃費住宅との出会いのきっかけでした。今日はそのパッシブハウスの意味について説明させていただきます。

パッシブハウスとは

passive (パッシブ)とは、「受け身の」「受動的な」という意味を持ちます。

パッシブハウスとは、自然にあるものを「受け入れて」活かすエコ住宅です。ドイツのパッシブハウス研究所が規定する「年間の冷暖房負荷」「気密性能」「住宅全体の一次エネルギー消費量」の基準を満たした住宅のことを呼びます。

passive の反意語は active です。「活動的な」「能動的な」という意味を持ちます。建物自体の性能を上げることで、アクティブな冷暖房器が不要になるという意味から、パッシブハウスと呼ばれるようになりました。

ドイツで生まれた考え方ですが、日本でも徐々に知られてきましたが、パッシブハウスにするためには、ただ断熱性能を高めるだけでなくその土地の気候に合った設計をしなければなりません。日本には四季があるので、どの季節も快適に過ごすための設計が必要です。

低燃費住宅のパッシブハウス

❇︎太陽による自然の暖かさと、光を取り入れ、自然の風の通り道を作る。

❇︎夏の厳しい日差しを遮り、冬の暖かな日差しを取り入れる。

❇︎夏の暑さ、冬の寒さを室内に入れず、室内の快適な温度を逃さない。

低燃費住宅は、省エネ先進国ドイツの考えを学び、日本の気候、風土に合うように開発された、日本のパッシブハウスです。

土地の気象情報

低燃費住宅では、建築予定地の気象条件を確認します。風向き、平均風速、平均気温などを確認し、自然の恩恵を生かした設計をしています。

シャドーチェック

その土地の日射の状況を確認します。夏場は直射日光が当たらないように、冬は日光を取り入れる設計にすることで、余計な冷暖房費を抑えることができます。

低燃費住宅では、光熱費など、家のランニングコストを抑え、自然に優しく家計にも優しい家づくりをしています。三重でパッシブハウスの建築にご興味がある方は、ぜひ低燃費住宅にご相談ください。

ご連絡はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

関連記事

PAGE TOP