3分でわかる低燃費住宅の遮音性能

こんにちは。齋藤です(^ ^)

本日は三重県津市のOB様邸にお邪魔してきました。

友人の家に行ったら新しいお家なのにトイレが寒かったり、湿度が低く乾燥していて、低燃費住宅の快適さを感じた」という嬉しいお言葉をいただきました!

さらに、遮音性が高いので、「町内放送の言葉が聞き取りづらくて、窓を開けて聞いた。」ということでした。低燃費住宅の遮音性は高いのですが、サイレンの音などは聞こえるようにはなっています。そかしそれほど遮音性能が高ければ、確かに場所によっては町内放送が聞き取りづらいこともあるかもしれません。

そこで、どれだけ遮音性が高いのかを感じていただくために、すぐに見られる動画をご用意しました。

まずはこちらの数十秒の動画をご覧ください。

音が気になる!!幹線道路沿いで、車の騒音が気になる・・お子様が、はしゃいでご近所に迷惑かかってないか気になる・・家の中で、ピアノを弾きたい!低燃費住宅は、壁の断熱材・分厚いトリプルサッシで、気になる音も(^^)/『モデルハウスで体感』全国の低燃費住宅モデルハウス・オフィス情報http://tnp.jpn.com/areaお越しになる前に、ちょっと動画で聴いてみて下さい。

低燃費住宅さんの投稿 2016年10月8日

こちらは低燃費住宅公式Facebookページに載せた動画です。いかがでしょうか?

窓を閉めた時の遮音性がすごいですよね。気密がしっかり取れていて隙間がないのが分かると思います。

これが「魔法瓶」のような家と言われる所以の一つですね♩

さらに、遮音性が高いのは窓だけではありません。断熱材のセルロースファイバー。この素材の断熱性能がよくわかるのがこちらの動画です。1:40〜あたりからが遮音性の実験です。

またこちらの

「新築や住まいの常識動画」は、①〜⑥まであり、1つあたり数分でサクサク見ることができるので、家づくりの際は是非ご覧になることをお勧めします。

遮音性に関しては、室内でピアノを弾いても全く気にならないほどです。

大きな道路の近くで建築予定、飛行機が通る地域などにお住いの方にも、この遮音性を気に入っていただいております。

確かに、たまには町内放送が聞き取りづらいこともあるかもしれませんが、四六時中、街の騒音が聞こえていて、夜眠るときも車の音が聞こえたりするよりは、

やはりリラックスして体を休めるための家だから、静かな環境の方が僕はいいな、お勧めしたいな、と思います。

騒音によるストレスはあなどれません。一度気になると、無視できなくなります。

プライベートの音も外に漏れる心配もありませんし。

実際に体感してみたいという方は、ぜひ津市のオフィスにお越しください!

一部屋だけ低燃費住宅にした「断熱ルーム」をご案内いたします。

 

 

 

 

お問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ!

関連記事

PAGE TOP