「通気」と「通風」と「漏気」の違いとは?

古くからの家造りは夏をむねとすべし?

多くの建築士は工務店では、日本の家は夏を中心に考え、風通しを大切にした家づくりをしています。

徒然草で知られる吉田兼好法師は、「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪え難き事なり、、、」と教えています。

日本では古くからは、家を長持ちさせるため、柱や梁等を露出させ、風通しの良い造りをした、夏型の家が基本だったのです。

しかし現在では、技術の進歩とともにプライバシーや耐震性を高める為に壁が増え、省エネやCO2削減対策等の為に断熱材入れ、先人たちが気にしていた湿気のことは忘れられてしまいました。

その結果、壁の中でカビる住宅が蔓延してしまいました。

「通気」と「通風」と「漏気」の混同

現在でも夏を主とした家造りをする建築家や工務店では、

風通しを大切にした家造りをしているのですが、

「通気」と「通風」と「漏気」を混同してしまっています。

  • 窓から風を取り込むことを「通風」と言います。
  • 木材が腐らないように建材の外側に通気口を作って計画的に空気を循環させることを「通気」と言います。
  • 足元をスースーさせる想定外の隙間風を「漏気」と言います。

漏気は、前の2つとは似て非なるものです。

室内の様々な汚染物質を外に出す「換気」や、窓を開けて風邪を通す「通風」は、快適な生活の上で重要なものです。

「通気」も大事なことです。サイディングなどの透湿性(水蒸気の通り易さ)が悪い外壁を使用する場合、外壁と断熱材の間に通気層(湿気の通り道)を設けないと、湿気が壁の中に溜まってしまい木が腐ります。

しかし「漏気」は、想定外の隙間なので、冬の隙間風が入り、せっかく暖房で温めた空気を外に逃してしまうのです。まさに百害あって一利なしの、施工ミスです。

「高気密は息苦しい」というイメージだけで、隙間が多く漏気する、足元が冷えるような住宅が蔓延しています。

断熱材を分厚くしても、性能は半減、さらに壁の中では結露によりカビが発生、木も腐ってしまいます。

日本の住宅が世界的に短命な理由の一つかもしれません。

 

 

関連記事

PAGE TOP